サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 0-100km/h加速3.1秒のオープンモデル、ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーを日本初披露

ここから本文です

0-100km/h加速3.1秒のオープンモデル、ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーを日本初披露

ランボルギーニは5月28日、今年3月のジュネーブモーターショーで初公開した、「ウラカン ペルフォルマンテ」のオープントップ版である「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を日本初披露した。日本でのデリバリーは来月から始まる予定で、価格は3846万2614円。

「ウラカン スパイダー」に比べて35kg軽量化

アルミニウムとカーボンファイバー製のハイブリッドシャーシや、フォージドカーボンファイバー技術をフロント・リアスポイラー、エアロダイナミックディフューザーなどの機能パーツ類にも採用することで重量削減を実施。「ウラカン スパイダー」に比べて35kgの軽量化を図った。

パワートレーンはクーペ版と同じく、ベースモデルから最高出力+30hp、最大トルク+40Nm向上させた、同640hp、同600Nmを発揮する5.2L V10自然吸気エンジンを搭載。トランスミッションは7速DCTが組み合わされ、0-100km/h加速はクーペ版の0.2秒落ちとなる3.1秒、0-200km/h加速は同0.4秒落ちの9.3秒、最高速度はクーペ版と同じく325km/hに達する。

ハイテクALAを装備

クーペ版から導入されたALA(アクティブ・エアロダイナミクス・システム)も装備され、フロントスポイラーとリアウィングを電動で変化させることで空気の流れを変え、高ダウンフォースや低ドラッグを必要とする状況や高速コーナリングなどで適切な制御を行うという。

ルーフの開閉に要する時間は17秒で、50km/hまでなら走行時でも操作が可能。ルーフ格納時は2つの可動フィンが格納場所の上から突き出た状態になり、シートバックからリアにかけてスパイダー独自の特徴的なシルエットが描かれる。またフィン内に組み込まれたダクトにより、オープン走行時の風の巻き込みを抑えるという。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します