現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?

ここから本文です
試乗記 2018.12.3 レポート:伊達軍曹 / 写真:編集部

ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?
  • ぬいぐるみ系デザインの完成形ダイハツ ブーンは国民車としてどうか?

ぬいぐるみ系自動車デザインの完成形

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第11回目。今回の調査対象は、2018年10月10日に行われたマイナーチェンジに伴って誕生したダイハツ ブーン第3のモデル、「ブーン スタイル」である。
>>国民車とは?

まずはブーンという車のごくごく簡単な概要から。

ブーンというのはダイハツが2004年から販売している“リッターカー”クラスの小型車。初代と2代目はトヨタとダイハツが共同で開発し、トヨタ版を「パッソ」、ダイハツ版を「ブーン」として販売していたが、2016年4月に登場した現行3代目はダイハツが企画・開発から製造までのすべてを担当している。

エンジンは排気量1Lの直列3気筒で、カタログ燃費はFF車が28.0km/L、4WD車が24.4km/L(JC08モード)。そして通常デザインの「ブーン」に加え、ダイハツによれば「スマートなイメージと上質感を重視した」という「ブーン シルク」というモデルもラインナップしてきた。

で、このたび「第3のブーン」として追加されたのが、今回の調査対象である「ブーン スタイル」だ。北海道地区を除く車両価格は2WD版が152万2800円で、4WD版が171万8280円。今回試乗したのは、より一般的でお手頃な2WD版のほうである。

さて。ブーン スタイルの場合、まずはこの「デザイン」から話を始めねばなるまい。

……小鳥さん系とでも評せばいいのか、個人的には絶妙な顔立ちであると思う。ブーン スタイルの顔立ちは、2004年のダイハツ ムーヴラテあたりから始まった「ぬいぐるみ系自動車デザイン」の完成形とすら言えるのではないだろうか?

いや完成形とまで高く評価するかはさておき、少なくとも「かなり適切なアップデート版」だとは言えるはずだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2018/12/03 07:25

    違反報告

    なんでこのデザインでいいと思ったんだ…
  • oku*****|2018/12/03 08:24

    違反報告

    ダイハツはむかし、真面目なメーカーのイメージがあった。
    今は安全装備で遅れて、クルマの本質を忘れた悲しいメーカーのイメージだな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します