現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?

ここから本文です
試乗記 2013.2.1 レポート:島下 泰久 / 写真:小林 俊樹

新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?
  • 新型Aクラスに試乗。ベースグレードの走りは?

大胆な変化を遂げた「A」

それにしても随分と大胆な変化を遂げたものだ。以前の姿を知る人ならば尚のこと、すぐにはこれがAクラスだとは解らないに違いない。もちろんメルセデス・ベンツとしても、新型Aクラスはもとより、そのつもりで生み出したのだろう。狙うのは、激戦のコンパクトカー市場で新しいユーザーを獲得することである。

先代の全長が短く、背の高かったボディは、前後方向に実に405mmも伸ばされ、代わりに高さは160mm低くなっている。とは言え、そうやってサイズを比較することも、あまり意味は無いのかもしれない。そもそも新型と先代では、同じAクラスを名乗っていても、コンセプトがまったく異なるクルマだからだ。

外観デザインは、なかなか刺激的である。FFコンパクトカーながらフォルムはノーズが長くキャビンが後退し、しかもワイド&ローが強調された、いかにもプレミアムカーらしいもの。大きくワイドなフロントグリルは、なるほどSLS AMGと同じデザイナーの作だとひと目でアピールするアグレッシヴな仕上がりで、相当なインパクトがある。サイドビューを見ても、ガラスエリアは小さく、下半身が肉感的に。特徴的なキャラクターラインも、思いのほかスッキリ馴染んでいる。リアビューだけはちょっと寂しいかなと感じるが、ライトが光ると一転。アピール度は高い。

華やかな雰囲気という意味ではインテリアも負けてはいない。円形のエアダクトを用い、前面の大きな面積を覆うトリムはどこか有機的で情感があふれている。個人的にはスポーツのカーボン調よりも、ベースのチェックグレーのトリムの他にはないテクスチャーが気に入った。こんな観点で選べるメルセデスなんて、果たして過去にあっただろうか? それだけでも、すでに気分は新鮮だ。

気になる室内の広さは、想像よりも余裕がある。前席は着座位置の低いスポーティな設定。後席も、ルーフ形状のおかげで頭の側方辺りにやや圧迫感があるものの、前後左右のスペースは十分に確保されているし、高めの位置に座るので開放感も味わえる。荷室の容量は、通常時で341Lとそれほど大きくはないが、狭くて困るというほどではないはずである。

試乗ステージ:箱根スカイライン 車種:Aクラス

    全長×全幅×全高=4290×1780×1435mm
    ホイールベース=2700mm
    車重=1430kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.6リッター直4DOHC・直噴ターボ
    最高出力=90kW(122ps)/5000rpm
    最大トルク=200Nm(20.4kg-m)/1250-4000rpm
    トランスミッション=7速デュアルクラッチ
    JC08モード燃費=15.9km/L
    車両本体価格=284万円
    発売日=2013年1月17日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します