現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由

ここから本文です
試乗記 2012.7.17 レポート:小沢 コージ / 写真:メルセデス・ベンツ日本

新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由
  • 新型Aクラス、海外試乗 大胆なチェンジの理由

振り返ってるヒマなんてない!

「Bクラスがありますから…」

旧共産圏のスロベニア試乗会で、私は少々イジワルだと思ったが、若きプロダクト・マネージャーのゲルト・サイラー氏に何度も突っ込んでみた。そう、なぜAクラスは変わってしまったのか? と。

メルセデス初の本格FFコンパクトということで、鳴り物入りで初代モデルが登場してから14年。Aクラスはその歴史始まって以来の変貌を遂げている。見れば一目瞭然、スタイルが様変わりしているのだ。

寸法を見ればより深く分かる。2代目のA180ファイナルエディションの全長×全幅×全高が3885×1765×1595mmとすると、今回は4292×1780×1438mm。長さは約40cm伸び、高さは逆に16cm低くなり、まるで実用車がスポーツカーになったかのような大変貌だ。

だが、サイラー氏はなにを今さら…という口調で「以前のAクラスが欲しい方には、新しいBクラスがありますから。なにより私たちはコンセプトチェンジする必要があったんです。若い人たちに向けて」

実はこの変貌の裏は、Aクラスだけでなく、メルセデス・ベンツ全体の問題がからんでいる。それは若返りだ。サイラー氏は言う。

「現行オーナーの平均年齢は50代。これを30~40代に持って行きたいんです」 私は正直驚いた。まさか50代とは。笑い事ではない。今のメルセデスの問題は、我が日本と同じ“将来”の問題なのだ。

試乗ステージ:スロベニア 車種:Aクラス

    全長×全幅×全高=4292mm×1780mm×1438mm
    ホイールベース=2699mm
    車両重量=1445kg
    駆動方式=FF
    エンジン=2.0リッター直列4気筒DOHCガソリン直噴ターボ
    最高出力=155kW(211ps)/5500rpm
    最大トルク=350Nm(35.7kg-m)/1200-4000rpm
    トランスミッション=7速DCT
    欧州複合サイクル燃費=6.1-6.2L/100km
    ※すべて欧州参考値

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します