現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗

ここから本文です
試乗記 2012.4.12 レポート:佐藤 久実 / 写真:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗

Rラインやターボモデルも

確固たるポジションを確立しているビートル。最新の「ザ ビートル」は、そのルックスに留まることなく、走行性能と環境性能の両立、そして機能や装備も充実し実用性が飛躍的に向上している。

しかし、このクルマの魅力はまだまだ広がりを見せるようだ。たとえば、今回の試乗車には「フェンダー」とコラボレーションしたオーディオ装着車もあった。特別なプリアンプヘッドが必要なため、残念ながら発売当初は日本導入予定はないという。さらには、Rラインやターボモデルが登場することもアナウンスされている(いずれも日本への導入や時期は未定)。

さまざまな付加価値により、この「ライフスタイルカー」は、走る、操る楽しさから使う楽しさまで、いろんな楽しさを提案してくれる。「ザ ビートル」が今後、より多くのファンを魅了していくのは間違いないだろう。

試乗ステージ:ポルトガル・カスカイス 車種:ビートル

    全長×全幅×全高=4270mm×1815mm×1495mm
    ホイールベース=2535mm
    車両重量=1280kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.2リッター直列4気筒SOHC
    インタークーラー付ターボ
    最高出力=77kW(105ps)/5000rpm
    最大トルク=175Nm(17.8kg-m)/1500~4100rpm
    トランスミッション=7速DSG(デュアルクラッチ)
    JC08モード燃費=17.6km/L
    価格=250万円
    ※2012年6月より日本導入予定

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します