現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!

ここから本文です
試乗記 2012.4.6 レポート:斎藤 聡 / 写真:中野 英幸

ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!
  • ダンロップ夏タイヤ、最速&グッドバランス!

装着している『ディレッツァ ZII』のタイヤサイズは245/40R18。

ラップタイムを短縮したいユーザーへ 【ディレッツァZII】

ダンロップのスポーツラジアルの最高峰であるディレッツァZ1・スタースペックがモデルチェンジし、『ディレッツァ ZII』として新たに登場した。ターゲットとコンセプトは明快。ストリートからサーキットまでスポーツ走行を楽しむユーザーに向けたタイヤで、サーキットでのラップタイムを短縮する、というもの。一言でいえば、バリバリの体育会系スポーツタイヤだ。

モデルチェンジはしたものの、コンパウンドは従来のものを踏襲している。ただし、トレッドデザインの変更でランド比(トレッド面における接地面積の占める割合)を2.5%アップし、タイヤプロファイル(≒タイヤの断面形状)を変更して縦長な接地面形状としている。構造部分も、トレッド面を支えるブレーカー(ベルトと呼ばれる部分)を硬いゴムで挟み込み、トレッド内部の剛性をアップ。またサイドウオールの内面形状を真円プロファイルにすることで、しなやかさを作り出している。

これらの設計は単純に接地面形状だけでなくコーナリング時のタイヤの接地面圧にも影響しており、従来よりも均一に接地・発熱するようになっている。その結果、同じサイズの従来品Z1と比べて実接地面積が大きくなったことで、ドライブパフォーマンスが向上するという理屈だ。

試乗ステージ:袖ヶ浦FRW&周辺道路 車種:ディレッツァ ZII、ル・マン 4

    165/55R14~275/35R19(全31サイズ)
    2012年3月より順次発売

    【 ル・マン 4 】
    155/65R14~275/30R20(全88サイズ)
    2011年2月より順次発売

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します