サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ダイハツ ミラココア試乗 オンナ心は掴めるか!?

ここから本文です

ダイハツ ミラココア試乗 オンナ心は掴めるか!?

「つんく」的思考が成功のポイント

誤解を恐れずに言えば、コレは正確にはクルマではないと思う。なにしろメインターゲットは、18歳から25歳ぐらいまでの免許取り立てのうら若き女性! 彼女たちに愛されるものを目指して作られているのだ。

よって走りや実用性も大切だが、それ以上にデザインや質感や存在感、かゆい所に手が届くような使い勝手が重要になる。要するに、キティちゃんであり、付けヅメであり、CECIL McBEEにならなけばならない。

しかし、メイン開発者は当然、オヤジである。実際、今回インタビューした商品作りのカギを握るチーフデザイナーの岩村卓さんは、見た頃40代前後の男性。中3のかわいい娘さんがいるそうだが、「最近、あまり話してくれない」と嘆いていた。

が、別に責めてるわけではない。それは当然の状況であり、それにもめげず、ダイハツエンジニアは娘の気持ちにならなければならないのだ。

よって求められるのは「つんく」的思考である。今はやや下火だが依然としてモーニング娘の偉大なるプロデューサーであり、彼の著作には面白いことが書かれていた。

「オシャレ中2女子のマーケティング」だ。小学校から上がって間もない中1でもなく、つまり、受験で手一杯の中3でもない“中2女子”の気持ちを上手に掴まないとモー娘は作れなかったと。もちろん、完全になりきるのは不可能だが、これくらいハッタリの利いたロジックぐらいかませないととても成功は望めない。

そのほか、ココアにはある種の先達であり、重要なライバルがいて、それはスズキ・アルトラパンだ。ラパンもココアと同じく、既存の軽セダンをベースにし、中身は変えずガワだけ変えて大成功した。移ろいやすいヤング女子をターゲットにし、初代は一時9000台という驚異の売れ行きを誇り、今春登場した2代目も、不況にもめげず月4000台前後のスマッシュヒットを続けている。

そして2代目担当デザイナー氏は私にこう告げたのだ。「イメージは少しアカ抜けた相武紗季ちゃんです(笑)」と。そう、狙いは基本地方出身者だが、昔よりアクティブで、ほどよくアカ抜けた元気な子。初代ラパンはどちらかというと「引きこもり系オタク女子」がターゲットだったというが、時代背景をくみ取り、微妙に味付けを変えているのだ。 果たしてココア開発陣はこの手のマーケティングをダイハツ流にできているのか? それを中心にチェックしてみた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら