サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダN-ONEがマイナーチェンジ。Nシリーズの今後の展開はどうなる?

ここから本文です

ホンダN-ONEがマイナーチェンジ。Nシリーズの今後の展開はどうなる?

ホンダは2017年12月21日、軽自動車「N-ONE」をマイナーチェンジした。「Standard(スタンダード)」、「Select(セレクト)」、「Premium(プレミアム)」、「RS」の4つのグレード展開と豊富なカラーバリエーションを設定。軽自動車初となる遮音機能付フロントガラスの採用をはじめ、遮音材や吸音材の適材配置により静粛性を向上しているという。価格は120万960円~177万2280円。

4つの世界観を表現したグレード設定

標準モデルとなる「スタンダード」はその名の通りシンプルなスタイル。「セレクト」はエクステリアにブラウンとクロームメッキを使用し、インテリアにメープルウッド調パネルを用いてこだわりを表現。「プレミアム」は随所に加飾をあしらい、本革巻ステアリングやインテリアを黒に統一して上質さと重厚感を表現。「RS」は大型テールゲートスポイラーや、パンチング仕様の本革巻ステアリングにアクセントに赤を取り入れ、エクステリアとインテリアをスポーティーに仕上げた。

カラーバリエーションはスタンダードが単色9色と2トーンカラー7色、セレクトは2トーンカラーのみの設定で5色、プレミアムは単色6色と2トーンカラー7色、RSは2トーンカラー6色を設定している。

キャビンの快適性アップ

その他の改良点として静粛性の向上を図っており、軽自動車としては初となる「遮音機能付フロントウインドウガラス」を採用。さらに遮音材や吸音材を適切に配置することで、街中での加速や高速道路でも室内に流入するエンジン音を抑制し、より静かな室内空間を実現しているという。

ほかには、全ての窓で紫外線を約99%と赤外線をカットする、「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を採用している。

6年目となった現行N-ONE

2011年に発売したN-BOXから始まったホンダの軽自動車シリーズ「Nシリーズ」。N-BOXは今年8月にフルモデルチェンジしたが、2012年にデビューしたこのN-ONEは今回マイナーチェンジに留まった。来年には軽商用車の「N-VAN」の投入も噂される中、Nシリーズの今後の展開が気になるところだ。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します