サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > メルセデス初の電気自動車EQCの極上の走りと、幾つかの悩ましい課題

ここから本文です

メルセデス初の電気自動車EQCの極上の走りと、幾つかの悩ましい課題

大容量バッテリーの充電システム網整備も課題

最後に、メルセデスは自社充電ネットワークなどの構築には動いておらず、チャデモなどの急速充電などを含めた「NCS」という日本の充電ネットワークインフラを使う戦略をとっているが、この辺りも今後どのように大容量バッテリーに対応した計画を立てていくのか興味深いところだ。

一方、ネット販売への挑戦や、バッテリーの長期保証(8年もしくは16万km)、リセール価格を保証するクローズド型リースを用意するなど、電気自動車への不安を払しょくする販売体制は高く評価したい。

BMW「i3」が電気自動車ならではの運動性能を示し、テスラが電気自動車ならではの加速力を示し、このEQCが電気自動車ならではの乗り味を示した。これら全てを実現する夢のモデルの登場はいつになるのか? もしかするとそれがEQのフラッグシップモデル、EQSなのかもしれない。電気自動車の世界は、間違いなく活発になってきている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します