サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > メルセデス初の電気自動車EQCの極上の走りと、幾つかの悩ましい課題

ここから本文です

メルセデス初の電気自動車EQCの極上の走りと、幾つかの悩ましい課題

高級車メーカーが本気で作った電気自動車

メルセデス・ベンツがエンジンを搭載しないピュアな電気自動車を日本で初めて発売した。車名は「EQC」で、EQはメルセデスの電動車に与えられたサブブランドだ。すでにプラグインハイブリッドモデルの電動関連パワートレーンを「EQ Power」と名付けるなどブランドネームとしては使われていたが、完成車として初めてEQCが登場した。

先日開催されたフランクフルトショーでは、EQブランドのフラッグシップセダン「EQS」のコンセプトモデルがお披露目されたので、今後EQはCだけでなく、S、いずれはEなど、ラインナップ展開されていくはずだ。

EQCの外観はイメージ色のブルーが使われ、AMGのように押し出しが強いわけでも、ノーマルのメルセデスのようにエレガントでもない、未来的な印象を抱かせるツルリとした表面で、フロントフェイスも仮面をかぶったようだ。個人的には強烈な加速などのキャラクターに合わせ、もう少し立体的で自己主張が強くても良いのではと思うが、一目でEQとわかる。

EQらしさが最も現れていたのは乗り味で、今まで経験したことがないほど上質で滑らか。静かで力強く、回転振動もほぼない電動モーターを使った電気自動車を、高級車メーカーが本気で作ったらどうなるのか? EQCにはそれを具現化させた乗り味がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します