サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ケーニグセグ、アゲーラRSの後継モデルとなるジェスコを発表。最高出力は1280hp

ここから本文です

ケーニグセグ、アゲーラRSの後継モデルとなるジェスコを発表。最高出力は1280hp

スウェーデンのスーパーカーメーカーであるケーニグセグは、ジュネーブモーターショーにおいてアゲーラRSの後継モデルである「Jesko(ジェスコ)」を発表しました。

新設計の5.0L V8ツインターボエンジンは、アゲーラRSから+120hpとなる最高出力1280hpを発生(ガソリン燃料時。E85バイオ燃料で1600hp)、トランスミッションはシームレスな瞬時の加減速を可能にしたという自社開発の9速マルチクラッチトランスミッションを採用しています。

カーボンファイバーモノコックも一新され、剛性を高めるとともに40mm長く、22mm高く設計することで、レッグスペースとヘッドルームを確保し、ドライバーズシートからの視認性も向上。操舵性の面では、走行状況やスピードなどに応じて後輪を3度まで転回させて素早く安定したコーナリングを可能にするアダプティブ・アクティブ・リヤステアリングシステムを搭載しています。

最高速度は400km/hを超えるモデルということで、当然エアロダイナミクスにも力が入ります。キャビンを囲むラップアラウンドワイドスクリーンの採用をはじめ、フロントスプリッター、リアウィング、リアディフューザーの設計も見直され、ダウンフォースは1000kg以上を発生させるということです。なお、車名のジェスコはクリスチャン・フォン・ ケーニグセグCEOのお父様の名前から取られているそうで、車両価格は3億円以上と言われています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します