サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ N-VAN 6速MT車も設定するNシリーズ唯一の軽商用車

ここから本文です

ホンダ N-VAN 6速MT車も設定するNシリーズ唯一の軽商用車

シートを格納すればビールケース40個を収容可能

ホンダ「N-VAN」は、「N-BOX」を中心に大人気となっているホンダ「Nシリーズ」の6車種目として2018年7月に登場した、シリーズ初の軽商用バンです。

軽乗用車であるN-BOXとデザインは似てますが、こちらN-VANはよりシンプルで、積載性能を重視した形状になっています。

ボディタイプは当初「ハイルーフ仕様」と「標準ルーフ仕様」がありましたが、2021年2月のマイナーチェンジで全車ハイルーフとなりました。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1945mm(4WDは1960mm)です。

N-VANのデザインキャラクターは2タイプに分かれていて、「G」と「L」は商用車らしいスタンダードなデザイン、「+STYLE FUN(プラススタイル ファン)」は丸目のフルLEDライトを備えた、ちょっと可愛らしいフロントマスクを採用しています。

乗車定員はいちおうN-BOXなどと同じ4名ですが、商用バンであるN-VANは運転席とラゲッジスペースの使い勝手こそを優先させているため、助手席と後部座席の作りはきわめてシンプルで、「たたまれること」を前提とした薄手のものです。

しかしその代わり、運転席のシートは新設計された疲れにくいタイプであり、ラゲッジスペースは完全フルフラットにすることができます。ちなみに運転席以外のすべてのシートを格納してしまえば、ビールケース40個を収容できますし、2635mmの長尺物を積載することも可能です。

また助手席側はN-BOXと違ってセンターピラーレス構造になっていますので、ボディの側面にもテールゲート以上に大きな開口部が用意されているのです。

基本となるエンジンは、N-BOX用の高効率エンジンを商用ユースに最適化した直列3気筒の自然吸気ですが、「+STYLE FUN・ターボ」では最高出力64psの活発なターボ付きエンジンとなります。

トランスミッションは商用車向けに最適化されたCVT(無断変速)を基本としつつ、自然吸気エンジン搭載グレードでは軽バン初の6MTも選択可能。駆動方式は、全グレードにFFと4WDの双方が設定されています。

あくまで商用利用を前提としているN-VANですが、いわゆる先進安全機能も普通に充実しています。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」は全車標準装備で、衝突被害軽減ブレーキや歩行者事故低減ステアリング、誤発進抑制機能(※)、アダプティブクルーズコントロール(※)、車線維持支援システム(※)といった乗用車と同等の機能が、軽商用バンであるにもかかわらず備わっています。(※は6MT車には装備されません)

さらには「オートエアコン」も全車標準装備であり、2021年2月の仕様変更ではベーシックな「G」と「L」にもオートライト/オートハイビームが追加されました。

次のページ>>+STYLE FUNならおしゃれ要素も標準装備

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します