サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レンジローバースポーツがアップデートしPHEVも設定。「SVR」は最高出力アップ

ここから本文です

レンジローバースポーツがアップデートしPHEVも設定。「SVR」は最高出力アップ

ジャガー・ランドローバーは10月4日、ランドローバーブランドのSUV「レンジローバースポーツ」のアップデートにあわせ、エンジンとモーターを併用し家庭での充電も可能なプラグインハイブリッド(PHEV)モデルを設定すると発表した。

同社は去る9月7日に、2020年以降に発売するすべての車種に電気自動車(EV)を設定すると発表したばかり。まずはPHEVでEV化への第一歩を踏み出した格好だ。

新グレードのPHEVはモーターのみでも51kmの走行が可能

「P400e」というグレード名を与えられたPHEVは、300psを発生する4気筒“インジニウム”ガソリンエンジンと116psのモーターで4輪を駆動。トータル出力は404ps/ 640Nmに及び、0-100km加速は6.7秒、最高速度は220km/hとなる。もちろん、強化されたテレインレスポンス機能などオフロード性能も万全。一方で、NEDCコンバインドサイクルで64g/kmのCO2排出量と35.7km/Lの燃費を誇り、モーターのみで51kmの走行が可能など、走りと環境性能を両立したモデルとなっている。

また、グリル右側のランドローバーバッジの裏には充電ソケットを備え、自宅で充電できるのもPHEVならではの特徴。満充電に要する時間は、専用ウォールボックスを使った急速充電で2時間45分、通常充電で7時間30分となる。

「SVR」グレードは最高出力が575psに

ほかにも、今回のアップデートでは、全グレードに新たなデザインのグリルが与えられ、新形インフォテイメントシステムも導入された。走りを追求する向きには最高出力が575psへと高められた「SVR」グレードも魅力的に映るだろう。

P400eを含めアップデート後のモデルは本年末から納車が開始されるようだが、伝統のオフロード性能と電動化の両立にまったく隙は感じられない。同社では2019年前半にピュアEVのジャガーI-PACEも発売予定であり、全車種のEV化へひた走るジャガー・ランドローバーから今後も目が離せそうにない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します