サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 未来のヘッドライトが想像の斜め上。130万枚のマイクロミラーを使うアウディの新技術とは?

ここから本文です

未来のヘッドライトが想像の斜め上。130万枚のマイクロミラーを使うアウディの新技術とは?

デジタル・マイクロミラー・デバイスとは何か?

昨年、「アウディeトロン スポーツバック」の紹介をしたが、このニューモデルには新しいヘッドライトシステム・DML(デジタル マトリクス ライト)が導入されることが決定している。どんなライトなのか、アウディのDMLワークショップから紹介しよう。

20年近く、アウディでLEDヘッドライト、ダイナミックターンインディケーター、OLEDリアコンビネーションライトなど、ライティングのイノベーションを開発し、量産化を果たした立役者、シュテファン・ベルリッツ氏によれば、新しいヘッドライトに採用されるDMLは、正確にはDMD(デジタル・マイクロミラー・デバイス)が大きな役割を担っているという。

このシステムの核となるのがテキサス・インスツルメンツ社製のチップだ。本来はビデオプロジェクター用に開発されたもので、130万枚(!)の小さな鏡(サイズは1/100mm)が、ピエゾ制御によって反射角度を変化(傾斜)させることでオンオフを実現する。その速度は1秒間で5000回以上、これを利用して前方の路面や壁に様々な光のパターンを映し出すことができるのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します