サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ダイハツ、新型軽のミラ トコットは無印的なシンプルデザインで登場

ここから本文です

ダイハツ、新型軽のミラ トコットは無印的なシンプルデザインで登場

ダイハツは6月25日、ミラ ココアの後継となる新型軽乗用車のミラ トコットを発売しました。力みのない、自然体という意味の「エフォートレス」をキーワードに、シンプルなエクステリアや居心地の良さにこだわったインテリア、軽初採用を含む安全装備の充実などで若い女性層にアピールします。価格は107万4600円~142万5600円で、スマートアシストIII装備車のスタート価格は113万9400円からとなっています。

盛るからシンプルへ発想を転換

スズキ ラパンのライバルとなるトコットは、これまでの女性をターゲットとしたクルマにあった可愛らしさを盛る発想から脱却し、よりシンプルなデザインを追求。ぱっと見て「無印良品」のアイテムを連想させるような、クリーンで親しみやすい水平基調のスタイルや、見切りの良さそうなスクエアボディが新鮮に映ります。開発担当者によると、同社の“可愛い系”にはすでにムーヴ キャンバスがあるため、同じ路線にはしたくなかったという考えもあったとか。

インテリアでは2口のUSB電源やシートヒーターなどを用意。汚れやすい座面を背もたれ部よりも濃色にするなど、日常での使いやすさも考慮されています。また室内高はミライースよりも30mm高い1270mmを確保し、余裕のある空間を実現しました。

スマートアシストIIIに加えて軽初の装備も

安全装備ではステレオカメラを使用した衝突回避支援システムのスマートアシストIIIを搭載。前方の誤発進抑制制御機能では2個のソナーセンサーを追加することで信頼性を向上させました。また、軽自動車で初めて駐車時や狭い道でのすれ違い時などに役立つパノラマモニターとコーナーセンサーをダブルで設定。万が一の衝突事故に備えては、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンシールドエアバッグを軽初の全グレード標準装備としました。

エントリーユーザーに配慮

プラットフォームはミライースなどと共通の、ハイテン材で一体成型されたサイドアウターパネルなどを特徴とする軽量高剛性な「Dモノコック」を採用。パワーステアリングはエントリーユーザーでも扱いやすいよう低速域での操舵力を軽くし、狭い路地での走行や車庫入れがスムーズに行えるように最適化したそうです。

ターゲット層に近いダイハツ女性社員からもヒアリングを重ね、デザイン、安全性、価格、扱いやすさなどの全てで「エフォートレス」を目指したというミラ トコット。高価格帯の軽自動車販売が好調な中でどう受け入れられるかに注目です。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します