サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > プロボックス/サクシード ハイブリッド試乗 ダイレクト感は薄まったがバンとしての使命を果たすために必要な進化

ここから本文です

プロボックス/サクシード ハイブリッド試乗 ダイレクト感は薄まったがバンとしての使命を果たすために必要な進化

プロボックス/サクシード ハイブリッド試乗 ダイレクト感は薄まったがバンとしての使命を果たすために必要な進化

サクシード ハイブリッド TX

商用小型バン市場で約67%という圧倒的なシェアを獲得

「高速で見かけない日はない」とも言われるトヨタのプロボックス/サクシード。自動車メディアで脚光を浴びるタイプのクルマではないが、日本経済を陰で支える裏方視聴率は極めて高く、その点においてはハイエースと双璧を成す存在と言っていいだろう。そんな働くクルマの代名詞的モデルに、昨年末の12月3日、遂にハイブリッド車が追加された。

カローラバンとカルディナバンを統合する形で、2002年7月に誕生したプロボックス(トヨタカローラ店扱い)とサクシード(トヨタ店とトヨペット店扱い)は、累計で90万台以上販売されてきた超ロングセラーモデル。現在の商用小型バン市場で約67%という圧倒的なシェアを獲得している。そして満を持して追加されたハイブリッドは、発売から間もないにも関わらず、モデル内の販売比率において既に約35%を占めているそうだ。

ハイブリッドを買うか買わないかの決断を下すのは、会社を代表する社長さんということになるのだろうが、実際に乗るのは現場を任された営業さんやセールスドライバーさんである。その中には「プロ/サクのハイブリッドって正直どーよ?」と気を揉んでいる人も少なからずいるに違いない。かくいう筆者も会社員時代に社用車のプロボックス(1.5Lガソリンの5速MT車)を転がしていたひとり。熱い日も寒い日も仕事をともにしたかつての相棒が、ハイブリッドというおニューな武器を手に入れたと聞いて妙に胸を熱くした一方、一般的に高速燃費が不利と考えられるハイブリッドが、果たしてプロボックス/サクシードに必要なのかという一抹の疑念も頭をかすめたのであった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します