サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > C-HR独走。ヴィッツ、ワゴンRの売れ行きは?【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ここから本文です

C-HR独走。ヴィッツ、ワゴンRの売れ行きは?【ボディタイプ別売れ筋・2月】

コンパクト/ハッチバック:ヴィッツが3位浮上

コンパクト/ハッチバック部門は、年度末に向けた需要の拡大に合わせて登録台数は18%拡大し、9万2145台に達した。乗用車全体に占めるシェアは37.0%で前月と同レベル。ハイブリッドモデルが追加された「トヨタ ヴィッツ」は単独での伸びは見られるが、市場を拡大するほどのインパクトには至っていない。

首位は前月と変わらず、3ヶ月連続で「日産 ノート」が獲得。登録台数は1万4859台と2位「トヨタ アクア」に3000台以上の差をつけた。電動駆動車「e-POWER」の発売から4ヶ月が経過し、今が旬といった感じの人気ぶりだ。1月に台数を大きく減らした2位のアクアは、2月は38%の伸びで台数を回復。なおアクアは数ヶ月以内に燃費を向上させる改良を実施するとの情報もあり、ノートに対抗していく構えだ。

3位に入った「ヴィッツ」は前月比60%増の8475台と急上昇中。新たに追加されたハイブリッドはこのうち3450台(約40%)を占め、順調に売れている。4位「ホンダ フィット」は前月と同順位をキープ。「トヨタ ルーミー」はヴィッツの勢いに押され3位から5位へと順位を下げてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ