サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > C-HR独走。ヴィッツ、ワゴンRの売れ行きは?【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ここから本文です

C-HR独走。ヴィッツ、ワゴンRの売れ行きは?【ボディタイプ別売れ筋・2月】

セダン/ファストバック:プリウスPHVの初月のシェアは23%

セダン/ファストバック部門は、前月比31%増と全体平均を上回る勢いを見せた。これは「トヨタ プリウス」に追加された「プリウスPHV」の影響力によるもの。燃費向上に加え、エクステリアデザインも大きく変更したプラグインハイブリッド仕様は、登録台数が減少傾向だったプリウスシリーズの台数拡大に貢献すると共に、元気がなかったセダン市場の起爆剤ともなっている。

2月の首位プリウスの登録台数は1万4150台で、前月比68%増の大幅な伸び。PHVは3230台(23%)を占めた。PHVは発売が2月15日なので月内登録が間に合ったのは極初期受注分およびディーラー試乗車のものと見られ、本格的な伸びを見せるのはこれからだ。

2位から5位までは順位の変動はなく、「クラウン」「カローラアクシオ」「プレミオ」「インプレッサG4」の順となった。昨年10月末にフルモデルチェンジしたインプレッサはシリーズ全体では6133台が登録され、セダンはこのうち19%を占めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ