サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 見た目だけじゃなかった。意外や実用性も高そうなマツダのブランニューモデル「CX-30」がついに国内発表

ここから本文です

見た目だけじゃなかった。意外や実用性も高そうなマツダのブランニューモデル「CX-30」がついに国内発表

AWD性能を強化。G-ベクタリングコントロールとの協調で操安性向上

パワートレーンや操安性など、気になる走りについてですが、原稿の執筆時点ではまだ国内向けの試乗会が開催されておらず、スペックのみしかわかりません。

用意されるパワートレーンは、2.0リッターの直4ガソリンエンジンと、1.8リッターの直4ディーゼルターボエンジンで、パワーやトルクのスペックはMAZDA3のそれとまったく同じ。トランスミッションはガソリンモデルが6速ATと6速MTで、ディーゼルモデルは6速ATのみとなります。駆動方式はどのパワートレーンの組み合わせでもFFとAWDが選択可能です。

操安性に関しては、MAZDA3に対して重心高が上がり、ホイールベースが短くなっても、同様の性能レベルを実現したとのことですが、マツダの開発陣が強調していたのが、AWDシステム「i-ACTIV AWD」の進化です。

CX-30に搭載された最新のi-ACTIV AWDは、マツダの車両運動制御技術「G-ベクタリングコントロール(GVC)」との協調が図られていて、コーナーではGVCがエンジントルクを絞りフロント荷重を増やすことで旋回応答性を向上させ、コーナー出口に向けてi-ACTIV AWDが後輪へのトルク配分を増やしていくことで、修正舵が減り安定したニュートラルな旋回が可能になっているとのことです。

また、AWDモデルにはマツダで初めて「オフロード・トラクション・アシスト」という、悪路でスタックした際の脱出をサポートする機能を搭載。これは対角線上のタイヤが空転した場合、ブレーキをつまんで接地輪にトラクションを伝えるもので、ヒル・ローンチ・アシストなどと協調して、悪路性能の向上を図っています。

次のページ>>実用性とスタイルの両立は、市場にどう受け入れられるだろうか?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します