サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 三菱RVRのMC版は最新フェイスでアグレッシブさを強調。コネクト機能も強化

ここから本文です

三菱RVRのMC版は最新フェイスでアグレッシブさを強調。コネクト機能も強化

スイス時間3月5日、ジュネーブ国際モーターショーで発表された2020年型三菱「ASX」。ASXは今回発表の舞台となった欧州での呼名で、北米市場は「アウトランダースポーツ」、国内仕様では「RVR」と仕向け地ごとにネーミングが異なるが、以降文中ではわかりやすくRVRでの表記とする。現行モデルである3代目RVRは2009年の発売以来、約90カ国で132万台が販売されたグローバルモデルだ。なかでも北米、欧州、豪州、中国市場において販売台数を伸ばしており、三菱自動車の全モデル中3番目に売れているモデルになっている。

今回マイナーチェンジを受けた2020年モデルの主な変更点はフェイスリフト。リニューアルされたRVRのデザインコンセプトは“Impact and Impulse(インパクト&インパルス)”だ。「三菱自動車らしいタフさに加え、洗練された独創的なデザインにより強いインパクトを与え、新しい何かにチャレンジしたいドライバーの衝動を掻き立てるデザインを実現した」という。

外観はジュネーブショーの同じステージで発表されたエンゲルベルクツアラー コンセプトのデザインほどではないが、新しい三菱のデザインワードである「ダイナミックシールド」を強く体現している。左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状と、フロントグリル部分を水平・垂直基調のデザインで構成し、バンパー下部はスキッドプレート状のデザインにしたことで力強さと堅牢さを表現。ボンネットに厚みを持たせることで存在感も高めている。またLEDを多用したフロントランプデザインと、ウィンカーとフォグランプをバンパー部分に移動するなどの意匠も従来モデルとは大きく異なり、最新の三菱車の顔つきになっている。リアコンビランプもLEDの採用と水平基調の形状に改められ、シャープなワイド感が演出された。

メカニカル面には殆ど手が加えられていないが、欧州仕様のガソリン車には従来の1.6リッターに加え2リッターエンジンが加わるとのこと。またスマートフォン連携ディスプレイオーディオ「SDA」にも改良が加えられ、コネクティビリティの強化が図られている。ディスプレイサイズは従来の7インチから8インチへと大型化され、上級グレードではTomTom社のナビゲーションシステムを採用するなど、スマートフォンを介してインターネットに接続することにより、リアルタイムの交通情報を利用できるようにもなる。今後アプリをさらに充実させ、インターフェイスとしてドライバーフレンドリーでより使い易くしていくとのことだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します