サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダ3はゴルフを完全に超えた。力不足のエンジンは日本仕様に期待

ここから本文です

マツダ3はゴルフを完全に超えた。力不足のエンジンは日本仕様に期待

ゴルフを完全に超えた強烈な完成度

「このクラスのベンチマークである『VWゴルフ』は完全に超えていますね」。試乗会場のホテルから出発して、わずか2~3分で僕の口からは、そんな言葉が出た。

僕は試乗の際、動画を撮影するので必ずカメラを回すが、それを見返すとのっけから深く感心する様子が映し出されていた。これぞ、新型「マツダ3」を端的に表したひと言である。いきなりVW ゴルフを超えたと言ってしまえるほど、このクルマは強烈な完成度の高さを見せていたのだ。

実は試乗前の車両概要説明で、開発主査の別府耕太氏は今回、「あらゆる質感を飛躍的に高めることを目指しました」と語った。そんな言葉を受けて我々ジャーナリストはヒソヒソと、「言葉通りだったら理想の1台だし革命的だけど、そうじゃなかったら…気まずいねぇ」と話していたのだ。これまでも数々の試乗会で、こんな風に大きく出た開発主査は何人もいたわけで、果たしてお手並みは? という感じで試乗車に乗り込んだのだった。

そしてクルマを動かした直後から、僕は饒舌になった。「いま試乗を始めましたが、あーなんだろうすごく気持ち良い感じ、なんだろうこの滑らかな感じは、かなり印象的な滑らかさです」というコメントを一般道に出る前に口にして、さらに驚きの部分へのコメントが続く。

「それとウインカーレバーのタッチ、そしてウインカーの音に至るまで丹念に作り込まれています」。僕自身、ウインカーレバーの操作感とその音について語ったのは初めてだ。

ここからも分かるように新型マツダ3は、このクルマを構成するひとつひとつのパーツを徹底的に開発して、そして組み付けて磨き上げたような1台で、これまでに経験したことのない隙を感じさせないプロダクトだった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します