サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > メルセデスがEQCベースで制作したワンオフのオフローダーは電気自動車ならではの走破性が印象的だ

ここから本文です

メルセデスがEQCベースで制作したワンオフのオフローダーは電気自動車ならではの走破性が印象的だ

ポータルアクスルで30cm近い最低地上高を確保

世界を見てもまだ本格的な普及に至っていない電気自動車(BEV)は、ほとんどがセダンやSUVなどのコンベンショナルなボディで、カブリオレ(オープンモデル)や本格的なオフロードカーなどのバリエーションはまだ市販されていない。しかし市場が成熟すれば、様々な目的に絞った形態をもった電気自動車が出てくるに違いない。また、そうした可能性を今から模索しておこうと自動車エンジニアが考えるのは当然の成り行きである。

こうした試みは2019年のフランクフルトモーターショーでアウディが出品したコンセプトモデル「AI:トレイル クワトロ」でも見られた。しかし私も特別に取材させてもったがこの車はあくまでもショーカーの域を出ていなかった。今回メルセデス・ベンツが公開した「EQC」ベースのオフロードカーは確かにまだコンセプトカーの状態ではあるが、実際に走行可能で、メルセデス・ベンツのオフロードテストコースを縦横無尽に走り回れたのだ。

「メルセデス・ベンツ EQC 4×4²」と名付けられたワンオフのモデルの最も大きな特徴はホイールハウスから大きくはみ出した20インチのオフロードタイヤと片側10cmも張り出すオーバーフェンダー、さらに293mmとスタンダードより15cm以上高い地上高をもつ勇ましい姿である。モデル名の由来だが、ドイツ語で「二乗」は「HOCH(ホーホ)」と書くが、HOCHには「高い」という意味もあることから来ている。メルセデスのオフロードコンセプト部門は以前にも「Gクラス」で同じようなモデルを作ったことがあり、その時も同じモデル名が与えられた。

この姿を実現したのはハブリダクション、あるいはポータルアクスルという手法で、ハブの中にリダクションギアを設け、ドライブシャフトを中心から上にオフセットさせるシステムだ。つまり車輪の中央にアクスルはない。古くは「キューベルワーゲン」などに採用されていた。

その結果、クーパー製のオフロードタイヤ(サイズは285/50R20)を履くEQC 4×4²の最低地上高は量産モデルの140mmに対し、293mmと153mmも高く、アプローチアングルは31.8度(同20.6度)、デパーチャーアングルは33度(20度)(カッコ内はベースモデルのEQC)、さらにランプ(傾斜路)乗り入れ最大角度11.6度から24.2度へと高められている。

さらに渡河深度も250mmから400mmへと高められた。ただし固定軸ではなく、ウニモグやGワーゲンから移植されたパーツはなく、基本のメカニズムはすべてEQCがベースになっている。前後アクスルにフランジされた2基の電気モーターはそれぞれ150kWと370Nmを発生、300kW(408PS)と760Nmのシステム出力にも変化がない。

インテリアとダッシュボード操作系も基本的にはEQCであるが、ドライブプログラムにオフロードとオフロードプラスが新たに加えられている。本格的なオフローダーには必須のダウンヒルスピードレギュレーション(DSR)も装備され、急斜面や砂利などでスリッピーな路面でも絶妙なトルク配分とブレーキのオンオフによって安全に下って行くことが可能だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します