サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ロードスターの兄弟車「124スパイダー」が登場! LAオートショー報告【後編】

ここから本文です

ロードスターの兄弟車「124スパイダー」が登場! LAオートショー報告【後編】

ロードスターの兄弟車「124スパイダー」が登場! LAオートショー報告【後編】

写真はボルボ コンセプト26

ボルボが提案する「タイムマシン」

クルマではなく、インテリアのコンセプトという意外なプレゼンテーションで会場を沸かせたのが、ボルボだ。「コンセプト26」と名付けられた内装は、「タイムマシン」をキーワードに自動運転車向けのインテリアとして開発されたもの。26はアメリカ人ドライバーの平均的な通勤時間(分)であり、自動運転によって、その時間を活用して日々の生活がいかに豊かになるか? という提案である。

シートポジションは、「ドライブ」「クリエイト」「リラックス」の3つから選べる。自分で運転する「ドライブ」モードでは、「エコ」「ノーマル」「スポーツ」といったドライブ・モードが選択できることに目新しさはないが、「クリエイト」モードではシートが後ろにぐっと下がって、ステアリング・ホイールが奥まって、代わりに折りたたみトレーが出てきて、車内でパソコンを操作したりできる。「リラックス」モードでは、シートがリクライニングし、オットマンと大型ディスプレイが現れる。

ボルボは、年産40万台程度の小さな自動車メーカーとしては、異例なほど自動運転に力を入れている。加えて「コンセプト26」では、自動運転の採用によって乗員が享受できるメリットまで提案する形だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します