サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > レヴォーグ最上級グレード「STI Sport」が好調【ボディタイプ別売れ筋・8月】

ここから本文です

レヴォーグ最上級グレード「STI Sport」が好調【ボディタイプ別売れ筋・8月】

セダン:プレミオ/アリオンがトップ5入り

セダン市場は合計1万3442台で、市場シェアは7.9%と前月から0.2ポイント縮小した。8月は全体に台数を減らしているが、そんななか「トヨタ プレミオ/アリオン」の兄弟車が健闘し、2台ともセダンのトップ5入りを果たした。

首位は2548台を登録した「トヨタ クラウン」シリーズ。7月に「カローラ アクシオ」に抜かれたが、2ヶ月ぶりに首位を奪還した。法人需要にも支えられているクラウンは、市場縮小期に強さが際立つ。一方、カローラは9月1日に50周年記念特別仕様車の販売が開始すると、さらに台数を伸ばしそうだ。9月の首位争いの行方に注目したい。

3位は1181台を登録したプレミオ。マイナーチェンジ前から安定して人気を維持していたが、6月のデザイン変更でさらなる顧客を獲得することに成功。販売店が異なる兄弟車のアリオンも4位に食い込んだ。5位の「アクセラ」は、7月中旬に大幅なマイナーチェンジを受けたが、8月はまだ目立った伸びは見られず、順位をひとつダウン。9月以降の躍進に期待だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ