サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > レヴォーグ最上級グレード「STI Sport」が好調【ボディタイプ別売れ筋・8月】

ここから本文です

レヴォーグ最上級グレード「STI Sport」が好調【ボディタイプ別売れ筋・8月】

ステーションワゴン:レヴォーグとアテンザが販売伸ばす

ステーションワゴン市場は、全体で1万1918台。市場シェアは7.0%で、前月比で0.3ポイント伸びた。ステーションワゴンのシェアが7%台に乗るのは今年初めて。シェア拡大の大きな要因はラインアップを拡充した「スバル レヴォーグ」と、大幅改良を受けた「マツダ アテンザワゴン」だ。

首位は、前月と変わらず「トヨタ カローラフィールダー」が守った。登録台数は前月比26%減の3660台で、セダンに比べると落ち込みは少なかった。2位の「ホンダ シャトル」は、7月に首位との差を7台まで縮めていたが、8月は1280台差まで広めてしまった。そして3位には、7月後半に新グレード「STI Sport」を追加した「スバル レヴォーグ」。登録台数は前月比13%増の1970台で、STI Sportはそのうちの約33%を占め、販売増に貢献している。

4位は「トヨタ プリウスα」。登録台数は約1900台とレヴォーグにわずかに及ばず順位をひとつ下げた。5位には「マツダ アテンザワゴン」がランクイン。大幅改良を受けたのは8月下旬だが、早くも登録台数は大幅に伸び始め、3ヶ月ぶりにトップ5入りを果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ