サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > VWの新型EV「ID.3」の市販モデルに先行試乗。走りや専用設計は〇、内装の質感は△

ここから本文です

VWの新型EV「ID.3」の市販モデルに先行試乗。走りや専用設計は〇、内装の質感は△

0-100は3.4秒の俊足、航続距離は420km、最高速度は160km/h

専用プラットフォーム「MEB(モジュラー エレクトリック ツールキット)」をベースにしたフォルクスワーゲンの本格的な電気自動車「ID.3」がようやく一般ユーザーに向けてデリバリーされる。昨年秋に開催されたフランクフルトモーターショーで量産タイプが発表されてから9ヶ月が過ぎたが、最終段階でソフトウエアの不具合から出荷が4週間ほど遅れていたのだ。

そして今回、先行予約を入れたユーザーの元に届けられるファーストエディションと名付けられたモデルに、限られたジャーナリストが試乗できたのである。しかし、まだ公道ではなくフォルクスワーゲン社内のテストコースでの試乗となった。

このファーストエディションと呼ばれるモデルは「ファースト」「ファースト プラス」「ファースト マックス」の3グレードがあり、価格は3万9995ユーロ(約485万円)、4万5995ユーロ(約557万円)、4万99995ユーロ(約605万円)と公表されている。ドイツではこれに4000ユーロ(約48万円)の購入補助金が支給されるので、最終的にはおよそ同レベルのゴルフ8(ただし1.5リッター、150PS)に匹敵する価格となる。

ファーストエディションは3台ともに58kWhの電池を搭載、リアアクスルにマウントされた150kW/210PS、310Nmを発生する電気モーターで後輪を駆動する。そしておよそ1.6トンのボディを0-60km/hまでを3.4秒、最高速度は160km/hに到達、航続距離は420kmと発表されている。

ところでこの3台の違いは、ナビを始めとするインフォテインメント性能や、LEDマトリックスヘッドライト、バックアップカメラなどADAS(先進運転支援システム)といった装備の差である。わかりやすいのがタイヤで、18インチ、19インチ、そして20インチと順番に大きくなっていく。ただし後でも述べるが、20インチはノイズなどの面でお勧めできない。

量産モデルとはいってもエクステリアデザインはもう半年以上前のフランクフルトモーターショーから見慣れているので新鮮さはない。ただし、すっきりしたワンモーションデザインはシンプルで古さを感じさせない時代を超えたものだ。インテリアはテスラのようにUIをタブレット一枚に割り切っておらず、スイッチは残され、クラシックとモダンの中間という印象だ。

一方、内装には叩くとポコポコと安っぽい音がするハードプラスチックが多用されており、テスラを買うような人はともかく、伝統的なVWのお客さんは失望するだろう。サテライトスイッチなど新しい操作系はタブレット一枚のテスラよりはわかりやすい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します