サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型スープラのスペックと画像が公開に。Z4には意地でも似せなかった!?

ここから本文です

新型スープラのスペックと画像が公開に。Z4には意地でも似せなかった!?

新型「スープラ」の公式画像とスペックが公開されました。早速見ていきましょう。

エンジンスペックはZ4とまったく同じだが…

まずはざっとスペックを。エンジンは3.0L直6直噴ターボを積むトップグレードのRZ(340ps/500Nm)、2.0L直4直噴ターボを積むSZ-R(258ps/400Nm)とSZ(197ps/320Nm)まで、「BMW Z4」側の各グレードと発生回転数まで変わらず。0-100km/h加速でRZとSZ-Rがそれぞれ0.2秒、SZ-Rが0.1秒速いのは、クーペボディが理由でしょうか。

ちなみにアルミニウムとスチールを使うボディは「トヨタ 86」の2.5倍のボディ剛性を実現し、CFRPを用いた「レクサスLFA」も上回るとか。サスペンションは上の2グレードで減衰力可変式が採用されるほか、後輪左右のロック率を0~100で無段階に可変する電子制御LSDも装備します。

エクステリアデザインは意地でも似せなかった!?

そしてデザイン。おそらくはコミュニケーションカラーのガンメタ色ボディや、低いバンパーの上に置かれた横長の片側3灯ヘッドライト、モコッと丸みを感じされる面構成など、93~2002年にかけて販売された“A80スープラ”を思わせるエッセンスが各所に見られます。

一方、プラットフォームや主要なコンポーネンツを共有する「BMW Z4」とは意地でも似せたくなかったのか、ボディパネルから共通の骨格を想像するのは、ちょっと難しいかもしれません。

例えば、ボディサイドのダミースリットも、スープラはA80に倣ってリアフェンダーの前方に設けられるのに対して、Z4はフロントフェンダー後方にデザイン。

また、ヘッドライトを低めに置いてフロントにノーズコーン風の意匠をビルトインしたスープラに対し、Z4は高めのエンジンフードが先端まで続き、逆スラント形状に立ち落とされてキドニーグリルになるBMWの文法通りのもの。ヘッドライトも縦に流れるような配置になっています。

クーペとオープンという根本的な違いがあるのを承知で言うと、月並みながら、アグレッシブなスープラ、エレガントなZ4という印象を持ちました。編集的には脂っこいスープラのほうが記憶に残りましたが、好みが真っ二つに分かれそうな案件ではないでしょうか。

最後に、地面ギリギリのアングルから撮られたこのページのカットでは、車高の低さよりマッシブな迫力が強調されていますが、実車は地を這うようなイメージもあったことをご報告しておきます。

次のページ>>スペック

【関連記事】
新型BMW Z4はトヨタコラボの突然変異。スープラと2択も悩ましい!?

トヨタ スープラはロードスターの旋回性に500Nmを組み合わせる上級向けFR
トヨタ スープラ試作車は限界域でピーキーな走り。86とは世界が違う

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します