サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ダイハツ タフト ダーククロム ベンチャー登場。発売は今秋、ベースモデルも改良

ここから本文です

ダイハツ タフト ダーククロム ベンチャー登場。発売は今秋、ベースモデルも改良

>>ダイハツ タフトのスペック詳細はこちら

タフさを強調した特別仕様車が登場

ダイハツは7月27日、軽自動車「タフト」の特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」を公開。先行受注を開始した。さらにベースモデルには、新たに3つのボディカラーを追加し、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど商品力を向上させた。

2020年に発売した「タフト」は、「Tough & Almighty Fun Tool」がコンセプトの軽クロスオーバーで、新たに設定された「ダーククロム ベンチャー」は、「G」グレードをベースにタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾が施される。

2021年5月に発売された特別仕様車「クロム ベンチャー」と今回の「ダーククロム ベンチャー」では、インテリアのダークシルバー加飾は共通ながら、フロント/リアのガーニッシュやドアハンドル、ドラミラーやアルミホイールといった外装パーツの色が差別化されている。

また、新たに「セラミックグリーンメタリック」と「クロムグレーメタリック」、「レーザーブルークリスタルシャイン」の3色を、ベース車も含めて追加設定した。発売は2022年秋を予定している。

>>ダイハツ タフトのスペック詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら