サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ「ライズ」 コスパが一番いいグレードはどれか?

ここから本文です

トヨタ「ライズ」 コスパが一番いいグレードはどれか?

コンパクトなサイズに広い室内空間をもつ

ライズは2019年11月から販売されている、5ナンバーサイズのコンパクトSUV。同じタイミングで発売されたダイハツ「ロッキー」のOEM供給版です。新世代に向けた車作り「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャ)」をコンパクトカーに取り入れた初の商品でもあります。

ボディサイズは、幅広いシーンで活躍できることを重視した全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmという「ちょうどいいコンパクトサイズ」なのですが、新設計された車台により「けっこう広い室内空間」が実現されています。

特に後席空間には、小さめなボディからは想像できないほどのゆとりがあり、ラゲッジルームの広さと高さも十分。さらに容量80Lの床下収納も用意されていて、床面の高さを2段階で調整できる「デッキボード」もかなり使えます。

そして最新の運転支援システムも充実しているのが、トヨタ ライズの大きな特徴です。

自動緊急ブレーキや車線逸脱抑制御、前後誤発進抑制制御などからなる「スマートアシスト」を、最廉価グレードを除く全グレードに標準装備。最上級グレードである「Z」には、全車速対応型アダプティブクルーズコントロールや、車線の中央付近を安定して走行するようアシストしてくれる「レーンキープアシスト」も標準装備となっています。

搭載されるエンジンは、最高出力98psとまずまずパワフルな1.0L直3ガソリンターボで、トランスミッションは「D-CVT(デュアルモードCVT)」という新しいタイプ。

これは、低速域と高速域の双方で力強い走行が可能になり、それでいて燃費性能も向上するという非常に優秀な変速機。そのせいもあって、トヨタ ライズは「1.5Lエンジン車並みの力強さ」と「1Lエンジン車ならではの燃費性能」が見事に両立しています。

次のページ>>最上級グレードには「ACC」が付く

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します