サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 発表直前、タイカン クロスツーリスモのプロトタイプに緊急試乗。乗り心地や走破性は上回っている

ここから本文です

発表直前、タイカン クロスツーリスモのプロトタイプに緊急試乗。乗り心地や走破性は上回っている

ワゴンの積載力とオフロード走破性をもつ初のクロスオーバー

2018年のジュネーブモーターショーにコンセプトカーとして登場したポルシェの電気自動車クロスオーバーワゴン「ミッションE クロスツーリスモ」の市販車が、いよいよ3月4日(欧州現地時間、日本時間の3月5日の深夜0:30)に発表される。正式名称は「タイカン クロスツーリスモ」で、「タイカン」の派生モデルである。

このニューモデルはタイカンのセダンボディ後半を「パナメーラ スポーツツーリスモ」のハッチバックボディと置き換えたシューティングブレーク風のスタイルをもち、ワゴンのような積載能力と、高めの地上高によるある程度のオフロード走行を可能にしている。これまでポルシェのカタログには登場しなかった、文字通りのクロスオーバーモデルなのだ。

3月4日の正式発表を前に、ポルシェはプロトタイプに試乗するチャンスを与えてくれた。わたしの試乗するクルマは電気エネルギー消費量チェックのためのテスト車で、R&Dがプレス向けに用意してくれたものだ。

プラットフォームやドライブトレーン、EVアーキテクチャーはタイカンと共通。フロントはセダンボディのタイカンとまったく同じで、正確にBはピラーから後半が変わっていて、ルーフ(ガラスルーフはオプション)が後方まで水平に延び、リアドアは同じだが、ガラス面積はルーフに合わせてやや高く広がっている。リアのオーバーフェンダーは大きく張り出しながらテールゲートへと続いている。

同行したエンジニアによれば、大きな開口部をもつワゴンボディの剛性が失われないように、Cピラー~ルーフ~トランクフロアを一周する環状の補強材が入っているそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します