サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 完売必至のGR86とBRZ 10周年特別仕様車、それぞれの違いと特徴は?

ここから本文です

完売必至のGR86とBRZ 10周年特別仕様車、それぞれの違いと特徴は?

>>トヨタ GR86のスペック詳細はこちら

>>スバル BRZのスペック詳細はこちら

7月24日、富士スピードウェイにて開かれた「FUJI 86・BRZ STYLE 2022」で公開されたトヨタ「GR86」の特別仕様車「RZ“10th Anniversary Limited”」と、スバルBRZの特別仕様車「S “10th Anniversary Limited”」。2台の違いをチェックしていこう。

一目でわかるGR86とツウ好みのBRZ

GR86に採用されたのは、ベースモデルでは設定がない鮮やかな「フレイムオレンジ」。先代86(ZN6)では「オレンジメタリック」が設定されていたが、GR86ではカタログ落ち。先代のテーマカラーであったオレンジがGR86にも復活した格好だ。

しかし色味をよく見るとメタリックではなくソリッドで、どちらかと言えば2016年に登場した限定モデル「GT“Solar Orange Limited”」の「ソーラーオレンジ」に近い色合い。裏テーマとしては、トヨタのFRスポーツの元祖とも言える「TE27レビン」に設定されていたオレンジも意識しているとのことである。

一方のBRZは、スバル伝統の人気色「WRブルー・パール」。一見ベースモデルと変わらないが、ホイールが「マットブラック」、ドアミラーが「ブラック」、リアエンブレムが「ラスターブラック」となっており、こちらは細部がブラック仕上げのツウ好みの仕様となっている。

なお、両モデルともリアガラスに10周年記念ステッカーが貼られている。

>>トヨタ GR86のスペック詳細はこちら

>>スバル BRZのスペック詳細はこちら

BRZはファン待望のブルー基調インテリア

インテリアは、両モデルともに外装色をベースにコーディネートされている。左右ショルダーパッドにはそれぞれオレンジとブルーで10周年記念刺繡が施され、ハンドルやシフト回りにもそれぞれボディ色と統一のステッチカラーが採用された。

シートは、GR86がウルトラスエード(オレンジパーフォレーション付)×本革シート表皮(オレンジステッチ・オレンジアクセント)で、BRZがウルトラスエード/本革シート(ブルー/ブラック、ブルーステッチ+ブルーアクセント)。全体を統一感のある色合いでコーディネートしている。

これまでBRZのインテリアはレッド/ブラックしか選べなかったので、らしさ溢れるWRブルーで統一したいスバリストにとって、このカラーコーディネートは思わず「欲しい!」と唸る組合せではないだろうか。

なお、両モデルとも走りの面ではベースモデルと同じだが、毎年わずかに改良が施されているGR86/BRZだけに、登場から1年経ちアナウンスにはない細かな仕様変更が施されている可能性が高い。

>>トヨタ GR86のスペック詳細はこちら

>>スバル BRZのスペック詳細はこちら

両モデルとも即完売か

価格は、GR86の特別仕様車が346万9000円(6MT)/363万2000円(6AT)、BRZの特別仕様車が338万8000円(6MT)/355万3000円(6AT)となっている(税込)。

気になる申込だが、GR86が2022年7月24日(日)から9月30日(金)までの受注期間限定、BRZが200台限定で2022年7月28日(木)から9月30日(金)までの受注期間限定となっており、それぞれ開始タイミングが異なるので注意が必要だ。

BRZは200台限定、GR86に関して台数は明言されていないが、昨今の情勢を考えると早期に受注終了(停止)になってしまう可能性もある。会場でもファンからの視線はすさまじく、気になる人は急ぎ申し込んだ方が良いかもしれない。

<終>

>>トヨタ GR86のスペック詳細はこちら

>>スバル BRZのスペック詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら