サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > アウディA7発表~会場でチーフデザイナーとアウディ会長を直撃する

ここから本文です

アウディA7発表~会場でチーフデザイナーとアウディ会長を直撃する

マイルドハイブリッドの採用とモデル名ルールの変更

7年振りのA7で技術的にもっとも大きな進歩は48Vのオンボードパワーサプライによるマイルドハイブリッド化である。リチウムイオンバッテリーとベルト駆動(BAS:ベルト・オルタネーター・スターター)を組み合わせ、ブレーキング時に最大で12kWの電気エネルギーとして回収する。その結果アイドリング・ストップは22km/hから始まる。例えば、信号の手前で減速していくと、22km/hでエンジンが停止するのだ。さらに55~160km/hまでの間の低負荷走行時(コースティング)でエンジンが停止する。

このマイルドハイブリッド・システムによって燃費は最大で100km走行あたり0.7L向上する。

ところでアウディはこれまでのような排気量によるモデル名ではなく、新しく、というより昔のように出力の大小を表わす数字によるクラス分けを復活させてきた。すなわち下から96kWまでを「30」、169~185kWを「45」、その上は「55」、そして400kW(544hp)以上のトップモデルは「70」となる。今回展示されていた3.0L V6 TFSI(340hp)を搭載する主力モデルは55、すなわち「A7 55 TFSI」と呼ばれる。このクルマはもちろんクアトロ(4WD)で7速Sトロニック(DCT)を標準装備、0-100km/hは5.3秒、最高速度は250km/hでリミッターが介入する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します