サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 「N-BOX」「スペーシア」「タント」 軽スーパーハイトワゴントップ3をあらためて比べてみた

ここから本文です

「N-BOX」「スペーシア」「タント」 軽スーパーハイトワゴントップ3をあらためて比べてみた

とにかく売れてる軽スーパーハイトワゴン

現在の日本の自動車販売ランキング上位を占めるのが軽自動車のスーパーハイトワゴン。2018年度の販売実績ではホンダ「N-BOX」が23万9706台(月平均1万9975台)、スズキ「スペーシア」が15万8397台(同1万3199台)、ダイハツ「タント」が14万2550台(同1万1879台)と、クルマ離れが叫ばれる中、コンスタントに売れるヒット商品となっています。

ということで、編集が今回このランキングトップ3モデルに乗ってみて、良かったところと気になったところをまとめてみました。いずれの試乗車もNAエンジンモデルの売れ筋グレードです。

N-BOXは乗り心地の良さとバランスの良い走りが魅力

はじめは2019年上半期もトップを維持した「N-BOX」から。現行型は2017年デビューの2代目。ノーマルタイプとカスタムの2種類のスタイルがあり、エンジンはそれぞれに660cc3気筒のターボ(最大出力64ps、最大トルク104Nm)と、NA(同58ps、同65Nm)を設定。価格は141万1300円~212万9600円となっています。

今回の試乗車はノーマルでNAエンジンの「G・EX Honda センシング」(FF・164万2300円)です。

N-BOXの良かったところです。
<乗り心地の良さとバランスの良い走り>
N-BOX最大の長所は乗り心地でしょう。これには編集全員が驚きました。足がよく動き、首都高の継ぎ目などの段差もうまくいなし、ボディに大きな振動を伝えてくることはありません。また遮音性が高いこともあり、車内の快適度はかなり高め。さらにはバランスの取れた走りも魅力で、NAエンジンでも実用域のトルクがしっかり出ている印象。流れに乗って走る領域ではストレスを感じません。操舵性もよく、コーナーはステアリングの操作に対して素直に反応してくれます。ただし、背が高いので深めのコーナーではぐらりとロールするので注意が必要です。

<質感高めのデザイン>
外装、内装ともに落ち着いたデザインで、センスよくまとめられているように感じました。特に内装はインパネのマットなシボやメーターまわりなどは質感高めで、多くのユーザーの所有感を満足させてくれそうです。

N-BOXの気になったところです。
<ACCが最新スペックではない>
全車に標準装備されるACC(前車追従式クルーズコントロール)が30km/h以下でキャンセルされ停止までは行いません。加速・減速の効き具合はいい塩梅で、使い心地の良いものですが、今や全車速追従式が一般的になりつつあり、新型タントが全車速を採用したこともあり、物足りなさがあります。また自動でステアリングを操作して車線内走行を支援する「LKAS(車線維持支援システム)」の精度はやや不安定で、ゆったりではあるものの、右左に進路が乱れてしまいます。

<シートがフラットで固め>
気になったのがシートの形状と硬さ。おそらく乗り降り重視の設計からフラット感が強めの座面と思われますが、交差点などのカーブでも体が動いてしまう感じ。また座面が固めで長時間の運転はちょっとつらいかもしれません。

【 ホンダ Nボックスのその他の情報 】
ホンダ Nボックスの中古車一覧
ホンダ Nボックスのカタログ情報
ホンダ Nボックスの買取相場

次のページ>>スペーシアはシンプルかつポップなデザインが光る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します