サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボルボ「S60」PHEV試乗。高めの価格をボルボの魅力で埋められるか?

ここから本文です

ボルボ「S60」PHEV試乗。高めの価格をボルボの魅力で埋められるか?

ボルボ新世代最終モデル

ボルボ「S60」のPHEVモデルに編集が試乗しました。グレード名は「T6 ツインエンジン AWD インスクリプション」でPHEVモデルのグレードはこの1本のみ。ツインエンジンとは2.0L直列4気筒エンジンをフロントに、電動モーターをフロント(補助的)とリア(メイン)に搭載しているところからきています。

ボルボのラインアップでは国内で唯一のセダンとなるS60ですが、2016年のXC90から始まった新世代ボルボの最後のモデルがこのS60になるそうです。ボディサイズは全長4760×全幅1850×全高1435mmで旧モデルと比較して125mm長く、45mm低く、15mm幅狭く、95mmホイールベースが長くなっています。

エンジンは2.0L直列4気筒DOHCターボ&スーパーチャージャーで最高出力253ps、最大トルクは350Nm。リアに搭載されるモーターの最高出力は87ps、最大トルクは240Nmで、フロントモーターはスターターやバッテリー充電用を兼ねたもので最高出力46ps、最大トルクは160Nm。車体中央のセンタートンネル上に設置されるバッテリー容量は34Ahとなっています。

S60を目前にするとそのスタイルの良さに魅了されます。フロントオーバーハングを短くし、ホイールベースを長く取ってFR車のようなプロポーションを実現。リア周りでは、エッジの効いた存在感のある「C」型のコンビランプや、トランクにあるダックテールなどはクラシカルでいながらワゴンとは違う印象を作り上げていて、オーナーはあえてセダンを選んだという所有感を得られそうです。

インテリアはドイツプレミアムブランド系のカッチリデザインとは一線を画す落ち着いたやわらかい印象のもので、色使いなどおしゃれでセンス良くまとめられています。オーディオは13スピーカー&サブウーファーを備えた「ハーマン/カードン」のオーディオシステムを標準装備し、良質な音を提供してくれます。

次のページ>>全方向バランスが取れているが価格が…

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します