サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ボルボ V60がじわじわ売れているのはベースグレードの凄さにあるのでは疑惑

ここから本文です

ボルボ V60がじわじわ売れているのはベースグレードの凄さにあるのでは疑惑

プラグイン・ハイブリッドの上級グレードはパワフルな4WD

前フリが長くなりましたが、今回試乗したグレードは、「T6 ツインエンジン AWD インスクリプション」です。ちょっととっつきにくい名前ですが、ざっくり言えば、「いい感じにパワフル(T6)なプラグイン・ハイブリッド(ツインエンジン)で4WD(AWD)の上級グレード(インスクリプション)」、759万円となります。

上級グレード用の装備としては、ベンチレーション&マッサージ機能付きナッパレザーシート、ドリフト・ウッド・パネル、18インチアルミホイール、クロームグリル、デュアルテールパイプ、リアシートアームレスト、harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムなど、ちょうど100万円分が上乗せされています。

プラグイン・ハイブリッドのスペックは、試乗車の“いい感じにパワフル”なT6の場合、ターボとスーパーチャージャーで過給し253ps/350Nmを発生する2.0リッター4気筒ガソリンエンジンに、87ps/240Nmの電気モーターの組み合わせ。前輪をガソリンエンジンが、後輪をモーターが駆動するAWDとなります。

2年前、ボルボは2019年以降に発売されるすべてのモデルを電動化すると宣言したわけですが、V60のプラットフォーム「SPA」も、その宣言通りに電動化を見据えたものとなっていて、30Ahから34Ahに容量アップされたリチウムイオンバッテリーは、運動性能やスペース効率、安全性を考慮した結果、車体の中心下部、前席間から後席足元にあたりに設置されています。

その結果、後席中央の足もとにはFRや4WDのドライブシャフトが通るようなトンネル状の盛り上がりができ、後席中央に座った場合は、足を開いて跨ぐように座ることになりますが、5名フル乗車する機会の少なさを考えると、車内空間に与える影響は最小限と言えそうです。

次のページ>>やたらと速くて安定しているがブレーキに若干の違和感も

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します