サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産ジュークは日本の 常識を変えられるか?

ここから本文です

日産ジュークは日本の 常識を変えられるか?

私が初代シティを買ったわけ

最近漠然と、だがしかし確実に感じるのが新車がつまらないことだ。出るクルマ出るクルマ出来はいいし、計画も練りに練られていて、衝突安全はもちろん、燃費性能に排ガス性能、そのほか法的適合性も完璧。だが、あまりワクワクしない。この“ワクワク”という言葉自体、どこか漠然とした表現で失礼な話ではあるが、とにかく私の心のどこかがゴゴゴ…と揺り動かされないのだ。

それはきっと私や社会のふところ具合もあるし、法律の縛り、世間の縛り、家族等による縛りもあると思うが、基本的に世の中が守りに入ってるからのような気がする。

特にそれが伺えるのが昨今のリバイバルデザインである。私自身、さんざん絶賛しといてなんだが、BMWミニ、フィアット500、メルセデス・ベンツSLS、古くはVWニュービートルとどれも出来は素晴らしいし、乗ると感動もするし、時には自ら買う時もあるが、厳しく言うと焼き直し。ニューテクノロジー、ニューアイデア満載でも既定路線。言わば良く出来た二世議員のようなものかもしれない。

さて、話は変わるが最近私は突然ホンダ・シティを買ってしまった。それも86年式のカブリオレだ。ハッキリ言ってボロい。ボロいだけでなく、怖い。乗ってるとあまりの剛性感の無さでいつでも死ねる気がする。

でも楽しいのだ。そこにはおそらく私の深層心理が投影されており、青春時代のノスタルジーもあるが、それ以上にその思いつき具合が楽しい。作りは荒いが「こんなのあったら楽しそうでしょ?」の気持ちだけで作ったようなのだ。♪若さゆえ~という。

閑話休題、今回の本題である先日発表の日産ジュークである。まさに“ジョーク”と間違わんばかりのユニークなネーミングもそうだが、なぜか妙にワクワクする。それも私の初代シティにも似たワクワク感である。いったいなんなんだろうか、この気持ち…

私はいつもよりいそいそと横浜の試乗会場に向かったわけである。

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら