サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ二輪のビッグネーム「CB」の60周年記念展で時の流れを感じてみた

ここから本文です

ホンダ二輪のビッグネーム「CB」の60周年記念展で時の流れを感じてみた

1969年に登場した「ドリーム CB750 FOUR」は、当時のいわゆる“ナナハンブーム”の立役者で、その大ヒットの後を追うように、スズキ、カワサキ、ヤマハと次々と750ccの大型バイクが登場しました。

「ドリームCB750 FOUR」の736cc空冷4ストローク4気筒SOHC2バルブエンジンから伸びるエキゾーストマフラーは左右2本ずつの4本出し。フレームはダブルクレードルで、フロントブレーキには油圧式シングルディスクブレーキが奢られていました。

サイドから見た、空冷フィンが鈍い光を放つインライン4エンジンと、滑らかな曲線を描いてリアに伸びる4本出しマフラーの造形美がたまりません。