サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ二輪のビッグネーム「CB」の60周年記念展で時の流れを感じてみた

ここから本文です

ホンダ二輪のビッグネーム「CB」の60周年記念展で時の流れを感じてみた

1966年誕生の「ドリーム CB450」は、公道向け市販二輪車のエンジンとして、世界で初めてDOHC、いわゆるツインカムを採用したマシンだそうです。

444cc空冷4ストローク2気筒DOHC2バルブエンジンは、当時世界最速と言われたOHV650ccエンジン搭載の「トライアンフT120ボンネビル」を、450ccのエンジンでぶち抜くためだったそうで、いかにもホンダらしいエピソードですね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します