サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ二輪のビッグネーム「CB」の60周年記念展で時の流れを感じてみた

ここから本文です

ホンダ二輪のビッグネーム「CB」の60周年記念展で時の流れを感じてみた

東京・青山にあるHondaウエルカムプラザ青山では、6月4日(火)から24日(月)にかけて、ホンダの二輪車のビッグネームである「CB」シリーズの誕生60周年記念イベント、「CBと駆け抜けた時代」展を開催するということで、初日に編集Sがのぞいてきました。

ホンダの市販二輪車で初めて「CB」の名がつけられたのが、「ベンリイ CB92 スーパースポーツ」で、それがちょうど60年前の1959年のことでした。

「ベンリイ CB92 スーパースポーツ」は、1959年に浅間高原で開催された第2回全日本モーターサイクル・クラブマンレースなどで活躍した市販スポーツモデルの元祖と言われるモデルで、エンジンは124cc空冷4ストローク2気筒OHCで、最高出力の15psを10500rpmで発生するという、いかにもエンジン屋のホンダらしい高回転エンジンでした。

会場には、歴代CBとして、「ベンリイ CB92 スーパースポーツ」をはじめ、量産バイクとして世界で初めて最高速度200km/hを超えた「ドリーム CB750 FOUR」(1969年)、市販二輪車で世界で初めてDOHCエンジンを搭載した「ドリーム CB450」(1966年)、「バリバリ伝説」の主人公・巨摩郡の愛車でお馴染みの「CB750F」(1979年)、ビッグバイクブームの立役者である「CB1000 SUPER FOUR」(1992年)を展示。

併せて、「CB1000R」、「CB650R」など現在販売中の最新CBシリーズも展示されているので、時の流れに思いを馳せて、感慨にふけるのも一興です。

他にも、著名人がプライベートで愛用しているCBや、CBベースの白バイや教習車、タミヤが販売してきた代表的なCBシリーズのプラモデル、二輪・四輪のレースを中心に活躍するフォトグラファーの原冨治雄氏の撮り下ろし初公開の写真展、CB関連の書籍や特集本コーナーなどが設けられていて、バイク好きであれば朝から気づけばお腹が空いているという状況になることでしょう。

また、6月16日(日)の14:00~16:00には、「CBと駆け抜けた時代」をテーマに、司会に元ホンダのワークスレーサーでモータージャーナリストの宮城光氏を司会に、ゲストとして前述のフォトグラファーの原富治雄氏、大型二輪免許を持つ元SKE48でタレントの梅本まどか氏を迎えて、スペシャルトークショーが開催されるそうです。尚、入場料は無料で定員は50名とのことです。

では次ページから、各年代のCBを詳しく見ていきましょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します