サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > トヨタ、2000GTなど高度経済成長期に誕生した名車からモビリティのMIRAIを見据える

ここから本文です

トヨタ、2000GTなど高度経済成長期に誕生した名車からモビリティのMIRAIを見据える

展示テーマは「元気!! ニッポン 1960s!」

8月3日~5日に千葉・幕張メッセで開催されるヘリテージカーイベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2018(オートモビル カウンシル)」。トヨタは、1964年の東京オリンピックをはさみ「明日はもっとよくなる」と希望を抱きエネルギーにあふれていた1960年代の名車を中心に展示を行います。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピックでの取り組みも紹介。1964年の東京オリンピックで聖火を運んだ日産セドリックスペシャルと燃料電池自動車MIRAIを並べて展示し、ヘリテージを尊びながらも未来を見据えた内容となっています。

====

トヨタ 2000GT スピードトライアル(レプリカ)

1967年に誕生したトヨタ2000GT。映画「007ボンドは二度死ぬ」ではボンドカーとして起用されるなど、名車として語り継がれていますが、市販前年の1966年10月、FIA(国際自動車連盟)公認のスピード・トライアルに挑戦した車両が、「トヨタ2000GTスピードトライアル」です。茨城県谷田部(現・つくば市)の高速自動車試験場において、1万マイル(1万6000km)を平均時速206.18kmで走りきるなど、当時3つの世界記録と13の国際記録を樹立しましたが、この挑戦で培った技術が市販版の信頼性を高めることにつながったと言われています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します