サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサス「ES」 こだわりがなければ一通り装備が充実したベースグレードでも充分

ここから本文です

レクサス「ES」 こだわりがなければ一通り装備が充実したベースグレードでも充分

日本では「ウィンダム」として登場した高級ミドルセダン

レクサス「ES」は、1989年に北米でレクサスブランドが立ち上がった当初から販売されているFFの中型高級セダンです。しかし初代と5代目、6代目のESは日本には導入されず、2~4代目は、日本ではトヨタ「ウィンダム」という名前で販売。そして2018年にリリースされた7代目が、やっと日本国内にもレクサス「ES」として導入された――という歴史を持っています。

乗り心地の良さと静粛性、広い室内空間といった「上質な快適性」のさらなる進化をうたって登場した現行型ESは、トヨタ「カムリ」などと共通の「GA-K」という高剛性かつ低重心なプラットフォームを採用。そこに載るボディはワイド&ローなプロポーションを持つエレガントなもので、広い室内空間を確保しながらも、スポーティで引き締まったシルエットを実現させています。

パワートレーンはカムリと共通で、最高出力178psの2.5L直4エンジンに同120psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドで、システム最高出力は218ps。トランスミッションは電気式無段変速機で、良好な燃費性能と気持ちの良い加速フィールが同居しています。

ESは量産車としては世界初採用の「デジタルアウターミラー」を採用し、デビュー当初から予防安全パッケージである「レクサスセーフティシステム+」も搭載していましたが、2021年8月のマイナーチェンジでさらなる進化を遂げました。

今回採用された最新世代の「レクサスセーフティシステム+」は、単眼カメラ+ミリ波レーダーという基本構成はそのままに、各センサーの性能を向上。それによって昼間の自転車運転者や夜間の歩行者などに加え、交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能になりました。

「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付きACC)」にも、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速する「カーブ速度抑制機能」が追加され、車線中央を走行するよう支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」の車線認識には最新のAI技術を導入。支援範囲を拡大し、よりスムーズで途切れにくいサポートを実現しています。

さらにこのLTAが作動している最中にドライバーの異常を検知すると、ハザードランプやホーンで周囲に警告を発しながら、自車線内にて自動で減速・停車する「ドライバー異常時対応システム」も新採用されました。

次のページ>>マイナーチェンジでインフォテインメントがタッチ式に変更

レクサス ESのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

レクサス ESの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します