サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 清水和夫 プリウス解説 トヨタもホンダも間違い!

ここから本文です

清水和夫 プリウス解説 トヨタもホンダも間違い!

トヨタもホンダも間違っている!

プリウスを理解するには、エンジンと電気モーターの役割をしっかりと理解することが必要だろう。まずハイブリッドには色々なタイプがあるということ。トヨタはプリウスが採用するTHS(トヨタハイブリッドシステム)が2モータータイプなので、1モーターのハイブリッドを採用するホンダ・インサイトには批判的であるが、この考えは完全に“間違って”いる。

 プリウス、いやトヨタは今後開発するハイブリッド車をすべてTHSに統一することでコストダウンが可能となったと述べているが、THSはトヨタの戦略上の決定事項であって、技術論で2モーターが優位であるわけではない。

 というもの、つい最近までトヨタはクラウン マジェスタにマイルドハイブリッドを使い、エスティマハイブリッドにはCVTと1モータータイプのハイブリッドを市販していたからだ。だから今後も、iQの3気筒エンジンの1気筒を電気モーターとするようなトヨタ版1モーターの可能性も無視できないはずだ。

 ホンダもインサイトが採用する1モーターがコスト的に有利と主張するのは“間違って”いる。現実的には2モーターを持つプリウスは性能でもコストでも有利なのだ。

 つまり、それぞれの自動車メーカーの事情で2モーター、1モーターを採用しているに過ぎず、あたかもハイブリッドの原理原則論として捉えるのは間違っているだろう。トヨタ プリウスとホンダ インサイトは日本が誇るハイブリッドの2トップ。この2人のフォワードが喧嘩していては、ワールドカップで優勝できないのだ。そこでとにかくこれだけは断言しておく。

「ハイブリッドはますます多様化し(欧州からも色々なタイプのハイブリッドが登場)、ガソリンもディーゼルも21世紀の自動車はすべてハイブリッド化される」。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら