サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > CX-5マイチェンモデル、エクリプスクロスが好調でSUV市場が拡大 【ボディタイプ別売れ筋・3月】

ここから本文です

CX-5マイチェンモデル、エクリプスクロスが好調でSUV市場が拡大 【ボディタイプ別売れ筋・3月】

コンパクト/ハッチバック:ノートが2位アクアを引き離して独走

コンパクト/ハッチバック市場の登録台数は2月比で約3万台上乗せし、11万7784台に。市場規模は全カテゴリー中、最大だ。それでも市場シェアは前月から2.3ポイント縮小しており、SUV市場にシェアを奪われた格好だ。

首位を獲得したのは「日産 ノート」。登録台数は1万9356台でボディタイプをとわず、登録乗用車中ナンバーワンだ。このうち約67%を電動駆動「e-POWER」が占めた。2位は1万4778台を登録した「トヨタ アクア」。ノートとの差は約4600台差と詰めるのは容易ではなさそうだ。これに1万2503台を登録した「ホンダ フィット」が続いた。

4位「トヨタ ヴィッツ」も好調だ。ハイブリッドを追加したマイナーチェンジから1年以上が経つが、2ヶ月連続でトップ5入りを達成。5位「トヨタ ルーミー」もランキング上位の常連となって久しい。

なおトップ5入りは果たせなかったが、「マツダ デミオ」も健闘している。昨年11月の先進安全装備の充実で人気に拍車をかけ、3月は7593台の登録台数で6位につけた。

おすすめのニュース

サイトトップへ