サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > CX-5マイチェンモデル、エクリプスクロスが好調でSUV市場が拡大 【ボディタイプ別売れ筋・3月】

ここから本文です

CX-5マイチェンモデル、エクリプスクロスが好調でSUV市場が拡大 【ボディタイプ別売れ筋・3月】

ステーションワゴン:フィールダーが好調を維持

ステーションワゴン市場の合計販売台数は前月比38%増と、この時期相応の伸びを見せたが、セダン同様に市場シェアはゆるやかな縮小傾向にある。

そうした状況のなか、首位を守っているのは「トヨタ カローラ フィールダー」。3月は前月比38%増の5610台を登録。いまだ根強い人気を保っているようだ。2位は3360台を登録した「ホンダ シャトル」。その約8割を占め、販売を支えたのはハイブリッドモデルだ。

4位は「トヨタ プリウスα」。海外で次期型が開発テスト中にスクープされるなど、モデルチェンジが近づいてきている模様。そうした状況のなか前月比20%増の1680台を登録して4位をキープした。これに5位「マツダ アテンザワゴン」が続いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ