サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > CX-5マイチェンモデル、エクリプスクロスが好調でSUV市場が拡大 【ボディタイプ別売れ筋・3月】

ここから本文です

CX-5マイチェンモデル、エクリプスクロスが好調でSUV市場が拡大 【ボディタイプ別売れ筋・3月】

軽乗用車:「N-BOX」の独走続く 登録車は「ノート」がトップへ

軽乗用車は計18万3626台で、乗用車全体に占めるシェアは35.1%に。シェアは1年前に比べると拡大しているが、登録車(特にSUV)の勢いに押されて前月から2.4ポイント減少した。

首位はあいかわらず「ホンダ N-BOX」がキープした。台数は前月比22%増の2万6851台と飛ぶ鳥を落とす勢いだ。2位は1万8711台を登録した「スズキ スペーシア」。12月にフルモデルチェンジを実施し、1月の5位から2月は3位、そして3月に2位と以後、徐々に人気を上げてきている。

3位は「ダイハツ ムーヴ」。ムーヴはこのところ同胞の「タント」を上回っており、ダイハツ軽のナンバーワンの座をキープしている。ライバルの「日産 デイズ」はスズキ&ダイハツ勢に押され、前月の2位からランクダウンして3月は4位に後退した。

さて4月は例年販売台数が落ち込む傾向にある。一方、3月-4月に海外で実施されたモーターショーでは次期「カローラ」や「フォレスター」「レクサスES」がお目見えするなど、近い将来登場するニューモデルが予告された。2018年度を迎えて変化も予測される新車マーケット、まずはスタートとなる4月の販売情報を待ちたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ