サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型スズキ「ソリオ」試乗 居住性だけでなく走りも優れた大衆実用車

ここから本文です

新型スズキ「ソリオ」試乗 居住性だけでなく走りも優れた大衆実用車

新型スズキ「ソリオ」試乗 居住性だけでなく走りも優れた大衆実用車

スズキ ソリオ HYBRID MZ

4気筒&ISGから感じるそこはかとない上質感

と、そんなバックグラウンドを持つ新型スズキ ソリオは、実際乗るとどうなのか?

まずはシンプル系デザインの標準モデルである「ソリオ」の上級グレード「HYBRID MZ」に試乗した。

先代のソリオも決して悪い外観デザインではなかったと思うが、新型のそれは「悪くない」ではなく「……けっこうイイかも?」という感じ。具体的にはフード先端を従来型より45mm上げてフロントまわりの厚みを増し、同時に流行りの大型グリル(に見える意匠)を採用したことで存在感を増強させたわけだが、その存在感が、俗に言うオラオラ系ではない絶妙な範囲に限定されているため、いわば「上品な存在感」があるのだ。

インテリアも同様。「抜群のセンス」とは言い難いかもしれないが、車両価格を考えれば十分にハイセンスかつ上質であり、センターメーターは、それまでの「ド正面向き」から「微妙にドライバー側向き」へと変更されたため、視認性が向上している。最上級グレードのHYBRID MZのみとはなるが、新採用された「ヘッドアップディスプレイ」も、新型ソリオを安全に運行させるための大きな一助となるだろう。

パワーユニットは、競合のトヨタ ルーミーおよびその姉妹車は直列3気筒の1.0L自然吸気またはターボだが、こちらソリオは直列4気筒の1.2L自然吸気+マイルドハイブリッド(※ベーシックグレードのGだけはマイルドハイブリッド無し)。

チーフエンジニア氏いわく「力強さと同時に“静粛性”を重視するため、3気筒ではなく4気筒を選んだ」とのこと。たしかにこの直4自然吸気エンジン、必要十分以上のパワー&トルクを体感できるものでありながらけっこう静かで(もちろん4気筒であること以外にも、静粛性確保のためのさまざまな策が講じられているわけだが)、ちょっとした上質感すら感じさせる。

……と言うと「期待させすぎ」になってしまう可能性もあるか。まぁ普通の実用エンジンではあるのだが、「好ましいパワーユニット」ではあることは間違いない。一般的なマナーで運転する限りは一般道でも高速道路でも「……やっぱターボが欲しいな」とは微塵も思わず、ISG(モーター機能付き発電機)のアシストのおかげで、アイドリングストップ状態からのエンジン再始動はきわめてスムーズ。ここも、新型ソリオから「そこはかとない上質感」を感じる理由のひとつだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します