サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ランエボ譲りの動作に感心。三菱の味を突き詰めたSUVエクリプスクロス

ここから本文です

ランエボ譲りの動作に感心。三菱の味を突き詰めたSUVエクリプスクロス

ランエボ譲りの動作に感心。三菱の味を突き詰めたSUVエクリプスクロス

エクリプスクロス G Plus Package(4WD)

ユッタリ系ながらS-AWC効果による旋回動作はマニアック

エクリプスクロスは、RVRとアウトランダーの間にあった小さなスキ間に、あえてねじ込まれたスポーツクーペデザインのSUVである。前記のとおり世界的に大ブレークする可能性はあるものの、クルマの設計思想としてはニッチな企画で、開発陣も表向きは「各部を割り切った」と語っている。にもかかわらず、実際にできあがったエクリプスクロスは非常に真面目というか、随所にカタブツっぽいところが、良くも悪くも三菱らしい。

最近はSUVを名乗りつつも、走りとギンギンなスポーツカーテイストを売りにするタイプも少なくないが、エクリプスクロスはその見た目とは裏腹に、意外なほど大人っぽい。パワステもアウトランダーよりはクイック化されているそうだが、絶対的にはさほど速いわけではなく、操舵力も明らかに軽めの設定である。

そのほかにもリバウンドスプリングやダンパーの高応答バルブ、強化型ブッシュなど、俊敏なスポーツカーテイストを想起させる新規部品も少なくなく、ロール剛性を高めて左右方向にはあまり傾けないシャシーはいかにも現代的である。しかし、全体のチューニングは印象的なほど柔らかく、ほどよく上下動を許容するマイルド系の調律である。

このように表層的なクイックさはないエクリプスクロスだが、微小な操作にもきっちり正確に反応する所作にはちょっと感心する。またシャシーそのものはユッタリ系ながら、左右トルク配分制御機構をもつS-AWC効果なのだろう、旋回中も積極的にスロットルを踏む運転をすると、水を得た魚のように曲がるようになるのがマニアックである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します