サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ハデ顔作戦に出た三菱の新デリカD:5だが売れ筋5ナンバーミニバンの牙城は崩せない!?

ここから本文です

ハデ顔作戦に出た三菱の新デリカD:5だが売れ筋5ナンバーミニバンの牙城は崩せない!?

高級セダン並みの乗り心地、内装の質感向上など充実度は高いが…

さらに大きいのはボディの全面的補強で、フロントデザイン変更や歩行者保護規制に対応してフロント回りのフレームを新設計。お陰でステアリングやフロントサス回りの剛性が上がったほか、リアのフロア回りを中心にボディ全体を強化。さらに精度の高いデュアルピニオン式電動パワステや、より太いリアサスダンパーを導入し、乗り心地やハンドリングはちょっとした高級セダン並みに。

実際、今の日本でアルファード、ヴェルファイアを含めて380Nmの巨大トルクを出すラージ系ミニバンはなく、走りの良さと燃費の良さはデリカD:5の大きなアドバンテージと言える。同時に今回のマイチェンで防音性能もかなり強化され、明らかに静粛性も増した。

一方インテリアのクオリティアップもかなりのもので、本革シートでなくてもベージュ内装の質感はかなり高いし、デリカらしく汚れプロテクト機能も付く。またインパネはシフト回りにピアノブラック調の化粧パネルが付いたり、10.1インチのワイドディスプレイも選べるようになった。

ハイテク安全も三菱自慢のe-Assistは全車標準で被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロールなどが一通り付いて、ボンネット回りなど歩行者保護も新たに加わった。というわけで時代に合わせて走り、質感、安全性能を高め、最大のアドバンテージたるディーゼルエンジンの性能を強化してきたデリカD:5。充実度はとてもマイナーチェンジとは思えぬレベルで12年ぶりの意気込みを感じるが、とはいえこれで今の厳しいミニバン界で新たな客を取れるかってそう簡単じゃない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します