サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 横浜ゴムの新型ブルーアースGTは乗り心地と走りの好バランスが印象的

ここから本文です

横浜ゴムの新型ブルーアースGTは乗り心地と走りの好バランスが印象的

新旧比較で特長が明らかに

まず新旧タイヤをアウディA4で比較する。旧型のブルーアース・エースをデビュー時に国産セダンで試乗したとき、低燃費タイヤとしてはしっかりした印象を受けた。しかし、最新のアウディA4で試乗すると、足回りとタイヤの剛性が微妙にマッチせず、不要なソフトさやダンピング不足を感じる。路面の凹凸でタイヤが変形すると、サスペンションとは別の振動が乗員に伝わってくるのだ。一方、新型ブルーアースGTは明らかにタイヤが固めでマッチングが良化。すっきりと余計な変形がなく、サスペンションを動かす。

走行性能面でも直進安定性が向上して走りやすい。ブルーアースGTは接地面センターとミドル部のブロック剛性をアップした。この部分の接地時の滑りが抑制され、しっかりした手応えと挙動が確保されるわけだ。おそらく摩耗にも好影響を与えるだろう。

ワインディングではナチュラルなハンドリングが楽しめる。ロールは自然でセダンの動きとマッチしたもの。もちろんアドバンスポーツのようなガッチリした剛性とは異なる。アドバン・フレバと同等か、若干上回る剛性の持ち主といったイメージで、乗り心地と走りのバランスは良好だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します