サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 本命V10エンジンを搭載 アウディR8に試乗!

ここから本文です

本命V10エンジンを搭載 アウディR8に試乗!

ついに本命V10エンジンを搭載

V10エンジンを手に入れたことでアウディのミッドシップスポーツカーR8はようやく目を覚ました感がある。生まれも育ちも申し分ない家系なのになぜか日本では人気がないスポーツカー。それは1500万円以上の価格帯で販売されるスポーツカーにもかかわらず、その本質的な正体が明らかにされていなかったからだ。「スーパーカーなのか、スポーツカーなのか?」。その問いかけは禅問答のように思えるが、スポーツカーの世界では、ポジションをもっと明確にする必要があるだろう。

そこでアウディの歴史の蓋を開けてみる。実はアウディほどモータースポーツと深く関わってきたブランドは珍しく、その背景に数々の先進技術という財宝が隠されているのだ。例えばPワーゲンと名付けられたミッドシップレーサーは、アウディの創立者であるホルヒ氏が、レースで勝つめたにフェルディナンド・ポルシェ博士に依頼して開発したもの。ポルシェが作ったレーシングカーという意味のPワーゲンは、6リッターV16気筒スーパーチャージャーを持つエンジンをミッドシップに搭載するという、当時では画期的な先進性を持っていた。

さらに1980年には乗用車四駆クワトロをデビューさせるが、この技術はポルシェ社からアウディ社に転出してきたポルシェ博士の孫のピエヒ氏の作品であった。高速型四駆の優秀性を立証するために、アウディは世界ラリー選手権に参加し、クワトロ旋風を巻き起こしたことは記憶に新しい。

つまりアウディブランドのバックボーンにはモーターレーシングの歴史があるのだ。アウディがアルミボディのR8を開発したことはむしろ当然だったかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します